ここではおすすめの保険会社、自動車保険に付いて知っておくべき情報を発信していきます。

自動車保険見積もりのすすめ

自動車保険見積もりのすすめ TOP

車両保険は、「一般車両保険」、「車対車+A」、「エコノミー」の3種類があり、それぞれ保険料額や補償内容が異なります。
そのため、どの自動車保険に加入したらよいものか悩んでいる方も多いと思います。
特に運転歴が浅い方には一般車両保険への加入をお勧めします。
運転歴が浅いと、車を擦ったり、塀にぶつけたりすることが多いと思います。そのため運転歴が浅い方は自損事故を補償できる一般車両保険がおすすめなのです。

自動車保険は毎年見直す機会があるため、毎年、自分の車の使用状況に合わせて、車両保険の補償内容を見直すことが可能です。
その際、車両保険の保険金額に注意しなければなりません。車両保険の保険金額は車種や車の年式ごとに異なる「時価額」を採用しているため、車の価額は下がっていくと、それだけ保険金額も低くなります。そのため、200万円で車を購入したので、200万円の保険料が貰えると思ったら大間違いで、万が一の際に取り返しがつかない事態になることがあります。

そのため、車両保険を見直すにあたっては、保険会社に問い合わせ、必ず保険金額を確認してください。現在は、複数の会社に一括見積もりも可能となっているため、割と容易に保険金額を確認できるのではないでしょうか。
それに、複数の保険会社の保険金額を比較できるため、現在加入している保険よりも安くてお得な保険が見つかるかもしれません。


自動車保険の種類

自動車を所有すると、必ず自賠責保険に加入しなければなりませんが、自賠責保険だけで十分な補償が受けられないため、ほとんどの方は任意自動車保険に加入しています。自動この任意自動車保険もいくつかの種類分けられ、それぞれ特徴を持っているのです。

以下に任意保険の種類について挙げていきたいと思います。

・対人賠償保険
事故を起こし、不幸にも相手が死亡したり、重度の後遺障害が残るようになってしまった場合、自賠責保険の保険金では十分な補償ができないため、こちらの保険で補います。

・対物賠償保険は
事故で相手の車を壊してしまったり、お店に車が突っ込ませて被害を与えてしまった場合に補償が受けられます。こういったケースでは自賠責保険の対象外となるため、加入しておくと安心です。

・自損事故保険
ハンドル操作を誤ったりして運転手が亡くなった場合など、単独事故について補償が受けられます。大怪我をした際にも保険金を支払ってもらえます。

・搭乗者傷害保険
車に乗っていた人が事故でけがをした場合に補償を受けられます

・車両保険
事故を起こして自分の車や相手の車を損壊させた場合に補償されます。

・人身傷害補償保険
事故で怪我をしたり、後遺症が残ったりした場合、加入者に過失があろうとなかろうと補償が受けられます。

・無保険車障害保険
相手が任意保険に加入していなかった場合に補償が受けられます。


当サイトについて

はじめまして、当サイトの管理人の30代男性です。自動車運転歴は10年以上で、常に安全運転を心掛けています。しかし、自分だけは事故に遭わないと思っている方に限って、思わぬところで事故に巻き込まれたりするものです。また、自分でもいつ事故を起こすかわからないので自動車保険には加入しています。


自分の不注意で、塀などに自動車をぶつけて、自動車に傷をつける程度であれば、それほど深刻な問題ではないのですが、自分が事故を起こすことで、他人を巻き込んでしまったら大変ですよね。
その際には、被害者に現金で賠償しなければなりませんので、自動車保険には加入しておかなければなりません。

ところで、私は、自動車保険に加入する際に、自動車保険の見積もりサイトを利用しました。最近はインターネットで一括見積が可能で、20社も一括見積可能なサイトもあるので便利ですね。私は、補償内容と保険料を比較したうえで、付帯サービスの有無も確認して保険会社を決めました。

当サイトでは、自動車保険の加入を検討している方を対象に、自動車保険に付いての基礎知識、見積もりの依頼の仕方、おすすめの保険会社やサイトについて情報を発信していますので、ぜひ自動車保険選びの参考に活用してみてください。
 


PageTop